QRコード
QRCODE
インフォメーション
プロフィール
ふくみ

  

Posted by at

2009年01月14日

後藤真希がmixi発の20代女性向けプロジェクトで本格再始動

エイベックスに移籍後、その動向が注目されていた後藤真希が、ついに再始動。mixi発の20代女性向けプロジェクト「SWEET BLACK」に参加し、SWEET BLACK feat. MAKI GOTOとして楽曲をデジタル配信していくことがオフィシャルサイトで発表された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090114-00000300-bark-musi から引用

後藤真希ファンは注目ですね!

お!これはお役立ちな情報サイト
日々のお役立ち情報
お役立ち情報局
気になる情報
お役立ち真伝
情報110番
情報発信局
知りたい話題
情報ネット局
情報お知らせ番組
お楽しみ情報
お得な情報発信所
  


Posted by ふくみ at 22:28ニュース

2009年01月14日

大相撲初場所 魁皇3連勝 12回目カド番、心衰えず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090113-00000022-maip-spo

1月13日20時54分配信毎日新聞拡大写真琴奨菊を寄り切りで降した魁皇(右)=両国国技館で2009年1月13日、内藤絵美撮影◇大相撲初場所3日目(13日、東京・両国国技館)「大丈夫だよ」。花道を引き揚げる魁皇。体を心配する付け人の気遣いに笑顔がはじけた。12回目のカド番で進退のかかる場所。白星を三つ並べた滑り出しに、自然と表情も柔らかくなる。琴奨菊は郷土・福岡の後輩。立ち合い負けして押し込まれるが、踏ん張って盛り返す。相手の右をはね上げて左差し。かいなを返して万歳にすると、あとは迷わず出るだけだった。36歳の戦後最年長大関には、限界の声も聞かれる。左腕と右ふくらはぎを痛めて休場した昨年九州場所。休場を決める前夜、友綱親方(元関脇・魁輝)と進退について話し合い、現役続行を強く親方に訴えた。「このままでは納得できません」。友綱親方は「普段は何も言わないのに、珍しく熱かった」と明かした。体は全盛期には比べるべくもないだろうが、心は衰えていない。初日に敗れた雅山は「2日目に風呂場で会った時、『調整しながらガンガン筋トレやった』と言っていた。さすがに何回も苦しい状況を乗り越えてきた人は違う」とうなった。「まだ始まったばかりだし、けがしたらどうなるか分からないよ」と魁皇。慎重な言葉通り、けがをすれば窮地に追い込まれることに変わりはない。ただ、追い込まれたがけっぷちから、一歩ずつ歩みを戻している。

[引用元:Yahoo[スポーツ総合(毎日新聞)]]

  • 化粧品原料

  • 敬老の日贈り物

  • ナルト疾風伝


  •   


    Posted by ふくみ at 00:09ニュース